en-us-【初心者必見】未経験でも合格を勝ち取る方法!|映画オーディション

05/16/2020

未経験でもオーディションに合格する事は可能?

今までに特別なレッスンを受けていない未経験者のケース、「いきなりオーディションを受けて合格可能なのか」という質問を持つ人もいます。

結論からいうと、まったくの未経験者が造作なく合格が可能なほど、オーディションは甘くないというのが現状です。

理由を言えば、誰もが名前を知っているような一流企業が募集しているオーディションには、場数を踏んできた経験者たちが参加している事が多々あるためです。

そこに、まったく知識・経験・実力が備わっていない未経験者が応募しても、よほど未来性を見出された逸材でない限り、合格するのは困難なことといえます。

とはいえ、未経験者がオーディションに合格する確率は、一概にゼロとは言い切れません。

例を挙げると、「経験不問のオーディション」であれば、未経験でも合格可能な見込みがあります。

なかには多少の経験がある人材よりも、何色にも染まっていない、まっさらな未経験者が好まれる時もあるのです。

巨大資本のオフィスや劇団が募集しているオーディションは、適度の知識・経験・実力の備わっている人材が求められる事が多いため、初めに養成所やスクールが募集しているオーディションを受けてみるのも良い手です。

デビューについて、そこが知りたい!未経験でも受かる人のポイントはオーディションを受ける場合、「どのような人が受かりやすいのか」を知っておくのが重要です。

最初に、未経験でも受かる人のトレードマークには、「人を惹きつける声質を持っている」事が挙げられます。

声質は生まれ持ったパーソナリティー・才能であり、あとから変えようと思っても、相当難しいものです。

それ故、人を惹きつけるような声質の人は、それだけで持ち味を主張でき、受かりやすい傾向にあります。

また、「進化力や未来性がある」のも着眼点です。

養成所やスクールなどでは、今後技術を磨いていくことになります。

それにより、これまでの知識や経験だけではなく、その人が「今後どう進化するか」という着眼点を、オーディションで見極めているケースが多々あるのです。

オーディションで伸びる力や将来性があると査定員に思わせる事に支障がなければ、合格に大きく近付けます。

大抵、受かる人は「やる気や熱意が並外れている」というもち味がみられます。

オーディションは、いわばビジネスの一環です。

挑戦精神が旺盛でやる気や熱意のある人は、査定員の心を動かし、「共に業務をしてみたい」と気持ちをつかみやすい性質にあります。

それに加えて「礼儀や礼儀作法が徹底している」のもポイントです。

オーディションでは佇まいだけではなく、人間性まで厳しく参考にされています。

いい加減な心情でオーディションを受けると、査定員に見破られてしまうおそれがあります。

そのためオーディションでは礼儀や礼儀作法を徹底するように心がけるのが肝心です。

未経験でも受かるためにできる事

1.応募書類編応募書類は、「志望きっかけ」が着眼点として挙げられます。

志望きっかけはゆるゆると長期に渡って記述するのではなく、簡潔かつ具体的にまとめるのが大事です。

なぜそのオーディションを受けようと思ったのか、加えてオーディションに合格したらどれほどの事をやりたいかなど、具体的な構想を盛り込んでおくと、深みのある志望動機を作れます。

それから、「写真」も肝心です。

添付する写真は背景に余計なものや人が写り込んでいない、すっきりとしたものを選択しましょう。

光が当たらないロケーションではなく、明るいロケーションで撮ったものをピックアップするのも見所です。

添付する写真の衣装は、コーデが明確とわかって清潔感がある、査定員に好感触を与えるものにするのがベースです。

硬い表情のものは避けて、自然な笑顔のものを選択しましょう。

なお、「必要書類に漏れや誤字脱字はないか」という点にも注意です。

どんなに気合を入れて組み立てした応募書類でも、漏れや誤字脱字があると、残念な印象になってしまいます。

審査員によっては、「注意力が足りない人物」だと思われてしまうおそれがあるため、配慮が不可欠です。

2.面接編面接時の着目点や留意点をあらかじめ頭に入れておくと、自らを効果的にアピールしやすくなります。

最初に、着眼点となるのは「リラックスする」ことです。

面接は必然的に緊張してしまいがちです。

けれども、緊張するといつもの実力が出せないきっかけにつながります。

面接では緊張せず、なるべくリラックスして素直に質問に応じるのが大事です。

さらに、オーディションでは言葉遣いに注意し、敬語で話すようにしましょう。

他にも、「大きな声で話す」のも大事です。

ぼそぼそと小さな声で話すと、覇気のない印象を与えてしまうおそれがあります。

話すケースは大きな声を心がけ、査定員に良い感触を残しましょう。

また、「ポジティブ発言をする」のも、合格への近道です。

ポジティブな発言や笑顔が多々あると、エネルギッシュではつらつとした感触を与えられます。

笑顔ではきはきと明るい受け答えをする事で、査定員の心をつかみやすくなるのです。

未経験でも受かるために可能な事3.実技編実技査定では、参加者のやる気を参考にしている事例が多くみられます。

そのため、合格するには「与えられた問題に全力で取り組む」のが大事です。

最初から最後まで手を抜かず、問題に真剣に取り組み、最高のパフォーマンスを行いましょう。

そして、「自分なりのオリジナリティーを盛り込む」のも着眼点です。

台本を渡される時は、ただ台本通りに演技をするのではなく、そこに自身なりのオリジナリティーを入れると個性をアピールできます。

また、ダンス審査のケースは「表情」を意識するのが大切です。

ダンスに夢中になりすぎると、無表情になってしまう人も少なくないのです。

ダンス査定では表情も見られているため、笑顔を忘れないようにしましょう。

未経験でも受かるために可能なこと4.自己PR編自己PRは、「趣味・特技のなかから1つに絞る」のが着目点です。

自己PRの時は限定しれているため、いくつもの趣味や特技を並べてしまうと、どれも中途半端なフィーリングになってしまうおそれがあります。

自身が最も夢中になっている趣味やお薦め自信のある特技のなかから、1つに絞ってアピールをすると、自分らしさを伝えやすくなります。

自らのアピール着眼点を見つけるには、いつもから「自己分析」をするのが大切です。

充分に自ら本人と向き合い、どのようなアピールポイントがあるのか考慮しておきましょう。

また、自己PRは「堂々とした態度で行う」のが大事です。

人前で堂々と特技をPRしたり、人には負けない何かをきちんとアピールしたりできなければ、合格が遠のいてしまいます。

堂々と自らを売り込む姿勢を見せる事で、自信に満ち溢れたメリットがあるな人物という感触を与えられます。

未経験でも受かるために可能な事5.それ以外未経験でオーディションに受かるためには、以下の点に用心する不可欠があります。

初めに「遅刻しない」事です。

オーディション会場に遅刻してしまうと、真面目さや誠実さに欠けている感触につながります。

感触を損ねて不合格にならないためにも、オーディション会場には30分〜1時前には到着しておくのが無難です。

他にも、「待ち時間は私語を慎む」のも極意です。

オーディションが始まるまでは私語を慎み、静かに出番を待ちましょう。

しかも、「スタッフにも慎重に扱ってする」のも欠かせません。

オーディション会場ではいつも誰かに見られているという意識を持ち、査定員だけではなく、スタッフにも細心の注意をもってな扱ってを心がけましょう。

他にも、オーディションが親同伴の場合は、「父母も査定員からチェックされている」ケースがあります。

娘・スタッフへの応対などに、充分な配慮を払うのが肝心です。

その上、オーディションで必然的に緊張したり、実力が発揮できなかったりする場合は、「諸々なオーディションを受けてみる」のも一案です。

多様なパターンのオーディションを受けて場に慣れておくと、合格するためには如何にすべきか、徐々にコツを把握出来ます。

未経験でもチャンスはある!積極的に応募してみよう未経験でも、取り上げた着眼点を押さえて真剣にオーディションに臨めば、合格のチャンスがあります。

度胸を出し、積極的にオーディションに挑戦して、夢をつかみましょう。