en-us-【服装のルール】映画オーディションの時どんな服装で行けばいい?好印象に見せるには?

05/17/2020

オーディションに行くとき、どんな服装で行くか悩むのではないでしょうか。衣装によって人の見た目や印象も変わってくるため、しっかりと考えて選ぶことが大切です。そこで今回はオーディションの際の服選びについてお話していきましょう。どんな服装で行けばいいのか、逆にどのような服装を避けるべきなのか解説していきます。

オーディションで着る服装のポイント

オーディションで着ていく服装を選ぶときは、まず、自分が受けるオーディションの主旨を考えるようにしましょう。そして、その主旨に合うもの、つまりそのオーディションで「求められている人物像」に合うものを選ぶのです。また、動きにくいような服装よりは、動きやすくて体のラインがわかるものにするといいでしょう。オーディションによっては、軽く体を動かすものもありますし、体のバランスもしっかり見られるからです。
さらに、自分が「自信がある」と感じているパーツがアピールできる服を選ぶのもいいでしょう。オーディションでは自分のいいところをしっかりアピールすることが大切なので、自信があるパーツは積極的にPRしていきます。また、何よりも大切なのが、普段の自分らしさが表現できるような服装を選ぶことです。オーディションでは、自然体の自分らしさを見てもらうことが1番なのです。

着ていきたい服装1.清潔感があるもの

オーディションには、清潔感のある服装を着ていくようにしましょう。清潔感がある服装を着ていると、印象がとても良くなります。そして、きちんとした人だと思ってもらいやすいのです。また、さわやかな雰囲気をかもし出すことができるでしょう。
こういった理由から、清潔感がある服装というのは、オーディションに向いていると言えるのです。しかし、「清潔感のある服装」といっても、何も新しい服でなければならない、というわけではありません。オーディションのたびに新しい服を買っていては、経済的にも大変です。そのため、今持っている服をクリーニングに出したり、アイロンをきちんとかけたりすればいいでしょう。それだけで、十分に「清潔感のある服装」と呼ぶことができます。


着ていきたい服装2.シンプルなもの

オーディションに着ていくには、シンプルな衣装も向いています。たとえば、とても目立つ服装を来てオーディションに行ったとしましょう。そうすると、衣装のほうのイメージが強すぎて、自分自身のアピールしたい部分がぼやけてしまう可能性が高いのです。オーディションでアピールすべきは自分自身であって、服ではありません。そこを勘違いしないようにしましょう。また、シンプルな服装であれば、自分自身の個性をアピールしやすい、というメリットもあります。
服装がシンプルな分、自分をしっかりとアピールできるのです。オーディションで合格する人というのは、たいていがオーラを持っています。そういったオーラを感じてもらいやすくなるのです。

避けたい服装とは?

オーディションでは、清潔感がないような服装は避けるようにしましょう。具体的には、汚れや毛玉、シワがついた服装を着ていくのはやめておくべきです。
こういった服装では、清潔感を持ってもらうことは難しくなります。また、汚れや毛玉、シワがなければなんでもいい、というわけではありません。オーディションは、あくまで公的な場になります。そのため、ダメージ加工されたジーンズや古着なども、オーディションでは避けておいたほうがよいでしょう。


オーディションには好印象に見える服装で行こう

オーディションというのは、限られた短い時間で、自分を最大限にアピールする場です。自分自身の持つ魅力や能力を発揮するためにも、服装はとても重要なものとなります。そのため、オーディションのときは、好印象を持ってもらえるようにシンプルで清潔感のある服装を選ぶようにしましょう。