en-us-イマドキの養成所3選『メリットデメリット』

05/14/2020

俳優になる方法は、・スカウト・オーディション・養成所

などがあります。また、正解は一つではありません。
この本文では、俳優の養成所について詳しく解説します。
この記事は、あなたの夢の後押しになることを確約します。

養成所とは
養成所とは、俳優・女優の基礎訓練の学校です。 

レッスン内容の紹介
発声練習
発声練習では、俳優としての声の出し方の基礎を学びます。
ダンス
舞台や映画において、踊る場面があるため練習します。身体の使い方も同時に学ぶことが出来ます。
・殺陣/アクション
時代劇などで見る刀を用いた場面を殺陣とと呼びます。殺陣やアクションの基礎を学びます。 
演技の基礎
ここが一番のメイン。俳優として演技をしていくための基礎を学ぶレッスンです。 

養成所の費用
養成所によって異なりますが数十万円~百万円ほどかかります。
中には所属するために入学金・入所金を求めることろもあります。

演技の基礎を学ぶ機会は増えますが、お金がかかってくることは仕方がないことです。 

養成所に入るメリット・デメリット

入るメリットは3つご紹介します。 
①チャンスがある
②俳優とのつながり
③業界人とのつながり

チャンスがある
養成所の運営は劇団や芸能事務所が行っています。演技力が認められれば劇団や芸能事務所に所属する事が可能です。けれども、可能性があるとはいえ一握りの人たちだけです。所属は自分自身で勝ち取らなければなりません。所属の可能性を逃さないためには、運営に認められることが必要です。所属の可能性を逃さないために養成所のみんなは仲間であり、ライバルであるということを覚えておきましょう。

他の俳優とのつながり
養成所は学校のよう何人もの同級生がいます。その同級生は、将来俳優として活動していきたいと願う同志です。養成所期間はそんな同志と共に切磋琢磨し高みを目指しましょう。

業界人とのつながり
講師の中には現役の監督、作家、俳優がいるため、様々のつながりが持てます。在学中の関係性で、卒業してから仕事を振ってもらえたりする可能性が広がります。

養成所のデメリット

デメリットの2つ紹介します。 
費用面
他人に頼る人はいらない 

費用面
大金を払ってでも俳優になりたいという思いは本気なのか。その心がないのであれば、養成所にかかる費用が無駄になってしまいます。本気で俳優を目指す意思が無ければ、養成所に通う事はやめておいた方がいいでしょう。

養成所に頼る人材はいらない
養成所は有能な人材を見つける場所です。そのため、実力がない全員を底上げしてくれるわけではありません。養成所に通えば何とかなると思っているような人は、芸能界は求めていません。つまり、養成所は演技や俳優としての基礎を教えてくれる場所であり、実力を伸ばしてくれるものではありません。養成所に通い、演技の基礎を身に着け、そこから自分で応用能力を高めましょう。

オススメの養成所

プロアクターズラボ

鳴海唯中元みずきが所属していた、育成に自信がある養成所。
テレビ局などの業界と強力なパイプがあるため、最短1ヶ月でデビュー可能。
即戦力を育てるための充実したレッスンなど伝統と実績のある養成所なので、ぜひオススメしたい養成所です。
出演実績 
「おんな城主直虎」「キングダム」「なつぞら」
「賭ケグルイ 」「麒麟がくる 」他多数

オーディション情報
随時無料オーディション実施中➡オーディションはここから
最短1
ヶ月でデビュー可能
何度でも受験可能
業界初のサブスクリプション型(月額3万円)

劇団ひまわり

渡辺謙真田広之水谷豊など数多くの実力派俳優や声優、またはアーティストを輩出してきた養成所です。
特に優秀な人は、選抜試験により劇団のプロダクション部門である、砂岡事務所ブルーシャトルに所属することもできます。

ソーシャルタレントを目指すなら『FLARE』

数多くのミスター/ミスキャンパスを抱えているソーシャル事務所
LIVE配信、ショート動画業界と強力なパイプがあるため、的確なバックアップが可能。
実績 
「17media」3か月で250万p獲得ライバー輩出「LINELIVE」4か月連続月給100万円達成者輩出
「TikTok」「mysta」「Pococha」「MixChannel」「Monopol」公式事務所

オーディション情報
随時無料オーディション実施中➡オーディションはここから