en-us-意外と多いアイドルの種類となり方の方法【アイドル志望向け】

04/02/2020

日本はアイドル先進国!

アイドルになりたい人も、アイドルをプッシュする人も豊富に!多な種類のアイドルが、テレビ・雑誌・舞台・SNSなどを通して活躍しています。

アイドルが非常に自分の手の届く範囲な日本人にとって、「アイドルになりたい」「夢はアイドル」という影響を受け、心の内にがそうなるのはごく自然の事。

そこで採り上げるのは「アイドルの種類」と「アイドルになる技術」をご解説します。

この文章は、こんな人におすすめ・アイドルになりたい・アイドルに関心がある・アイドルになる手段が曖昧である・アイドルを目指している気になる!アイドルの種類は?「アイドル」というのは、意識の影響や、ファンを持つ人という意味合いを持った言い回しです。

アイドルといっても、色々なタイプのアイドルがいるのは、皆さんご存じでしょう。

ここだけでは語り尽くせませんが、アイドルの種類をポイントまでに整理てみました。

グラビアアイドル

セクシーな衣装やポーズで撮影された写真をもとに、青年誌・ヤング誌などの男性向けの雑誌のグラビアページを中心に活躍するのが、グラビアアイドルです。

きれいだけのアイドルではなく、セクシーさを備えたアイドルなのが、大きな特徴です。

バラエティーアイドル

80年代にデビューしてから、今もバラエティー番組で大活躍している山瀬まみさん、井森美幸さん、森口博子さん、松本明子さん。

もはや、バラドル四天王とよばれて、その地位を確立されています。

可愛らしさもあり、話も上手なバラドルたちの需要は大きいです。

アイドルグループ

最近は、アイドルグループだらけですよね。

モーニング娘、AKB48、乃木坂46、欅坂46などの女子アイドルは当然のこと、日本のアイドルグループと言ったら、とどのつまりジャニーズです。

昔から少年隊、光GENJI、SMAP、TOKIO、嵐、KAT-TUNなど、実際に多くの日本を代表するアイドルたちを輩出しています。

アイドル歌手

このところは実力のあるアーティストが売れる傾向にありますが、80年代は「歌はあまりうまくないけど、きれいから売れる」という、時もよくありました。

当然、実力のある人も数多く輩出されており、松田聖子さん、岩崎良美さん、河合奈保子さん、柏原芳恵さん、小泉今日子さんなどがものすごい大注目を博していたようです。

現在でもアイドル歌手は存在しているものの、80年代のように世の中に大ムーブメントを起こすほどではないのです。

大食いアイドル

このところになって、大食いアイドルが男女問わず流行を得ています。

大食いアイドルの代表格が、もえのあずきさんです。

愛らしいルックスからは想像もできないほどに食べるので、バラエティー番組では引っ張りだこです。

以上、アイドルの種類についてお話をしましたが、これはごく一部です。

他にも多様なアイドルたちが、活躍しています。

アイドルになる技術とは?では、如何にやってアイドルになる事が可能なのでしょうか?アイドルになる方法を整理ました。

手段1.アイドルになるための学校に通うアイドルになるためには、デビュー前にしっかりと実力をつけておくことが重要です。

それ故にも、アイドル養成学校に通って、アイドルになるための勉学をしていきましょう。

しかしながら、アイドル養成学校には2種類ある事を知っておくべきです。

1つ目は、一般的な専門学校と同じくくりで、アイドルになるためのレッスンを受ける養成学校。

お金を払えば、みんな通う事ができます。

2つ目は、芸能プロダクションが未来のアイドルたちを養成していく、事務所ありきの養成学校です。

ワタナベエンターテイメント総合スクールなどが、その代表格!すでにオフィスで所属しているタレントたちのバーターとして、テレビや雑誌に出演できる機会が高まりますし、エキストラとして現場を見に行くこともできます。

オフィスが運営している養成学校は、入学するときにオーディションがある事例が多いです。

特待生は学費が免除されたり、割り引きされるというケースもあるので、ガチでアイドルを目指している人はオフィスが運営している養成学校をイチ押しします。

手段2.オーディションを受ける「アイドルになって活躍やりたい」「必ずにアイドルになりたい」という強い想いがあるのなら、どうぞオーディションを受けてみてください。

オーディションは合格さえしてしまえば、アイドルになるための道が大いに開けてくるわけですから、チャンスは大きいです。

しかしながら、オーディションは合格するまでが難しいという事をお忘れなく。

大規模なオーディションになるほどに、狭き門になってくる事は間違いないのです。

アイドルオーディションは年齢制限以外、みんな受けられるものです。

とはいっても、最も用心しなければならないのが【年齢】です。

アイドルのデビュー年齢は年々下がってきているので、アイドルになりたいと思ったら早めに動き出す事がベストチョイスです。

スタンダードなのが、新人発掘というキャッチコピーを掲げて、芸能オフィスが開催するオーディションです。

オフィスに所属をする事は、アイドルとしてデビューするための1番の近道なので、一流企業オフィスになればなるほど応募者が殺到します。

他にも雑誌やイベントの心象ガール、アイドルグループの追加メンバーオーディションなどさまざまです。

定期的のようにどこかでオーディションが開催されていると思ってもよいほど、色んなオーディションが開催されています。

アイドルになりたいと心の中で思っているだけではなく、アイドルになるための手段である「オーディション」も力をいれて探しましょう。

手段3.スカウトを受けるみんな受けられるわけではない、スカウト。

芸能事務所係り者からスカウトをしてもらえる時点で、アイドルになれるオーディションに受かったと同じ事になります。

原宿や渋谷などでスカウトをされたという話を良く聞くでしょうが、実際に街でのスカウトがきかっけで芸能界デビューをしたアイドルやタレントはたくさんいます。

しかしながら、最近ではあまり良くないスカウトも横行しているので、気を付けなければなりません。

芸能事務所のように話をしてくるけれども、実はアダルトビデオの制作企業だったり、風俗係りのスカウトである時も増加しています。

「アイドルになりたい」という想いが強い人ほど、悪いスカウトに騙されて大変な事態を招いてしまう事があるので、はじめのうちから配慮が不可欠です。

以上、アイドルになるためには、大きく分類して3つのテクニックがあります。

アイドルになる技術のいずれにも共通しているのは、アイドルになるという強い気持ちや実力を膨れ上がるするための努力を忘れない事です。

みんなアイドルになれるわけではないからこそ、定期的のコツコツとした努力が価値があるだというわけです。

まとめ

アイドルになるには努力が必須今度は「アイドルの種類」「アイドルになる手法」について、お話をしました。

アイドルと言ってもたくさんな種類があり、そしてアイドルになるテクニックも多様!もう一度、この文章の要点をおさらいしていきましょう。

  • アイドルの種類は数多く・アイドルになるための方法も、何個かある・アイドル養成学校に通う・オーディションを受けて、合格を勝ち取る・スカウトを受ける(とはいっても、悪い誘いには配慮が必須)アイドルになるのは、決して簡単な事ではないのです。

でも、夢を放棄しない想いが1番大事!だって、世の中にはいろいろのアイドルが事前にデビューしているのですから。

デビューしてからが、アイドルとしての正念場だと覚えておきましょう。