en-us-映画オーディション用メイクが存在する

05/02/2020

芸能界を目指すのであれば、自身の好きなメイクとオーディション用のメイクは別だと考えておくべきです。

最近ではスマートフォンのアプリなどで簡単に写真を加工する事ができるようになり、目を大きくしたり足を長期に渡って見せる、細く見せるなどの加工をした写真を履歴書用の写真に使う人も増加しています。
実のところの肌の色が分からない程ファンデーションを濃く着色してしまう、
実際の形や目の大きさが分からない程アイラインやマスカラが濃いアイメイクなどはNGです。

特に15歳以下の低年齢の人は、いつもからノーメイクで過ごしている人も多々あるので、オーディション審査でもメイクをしない人はいろいろいるでしょう。
もちろん、ギャルモデルのように同世代の意識の影響となれるようなセルフプロデュース力が必須な専門では、自分をアピールするために個性的なメイクやファッションが不可欠となる場合もあります。

履歴書用の写真はオーディション審査の時と同じで基本は等身大メイク、顔がちゃんと見える髪型で撮影をするのが正解です。

素顔に近いナチュラルメイクが元となるオーディションでは、色味コンタクトやつけまつ毛も使用しない方がいいですね。
オーディションを受ける時のためのメイクについて、突き詰めて知ってベストなステータスで受けられるようにしましょう。
つまり、オーディション時には審査員に「魅力」を感じてもらう必要があります。

しかし、オーディションでは仕上げされた姿を査定されるわけではありません。
オーディションの時であれば自らでは最高に良いと思っているメイクでも、そのメイクがオーディションで求められている印象と合わなければ問題がないのです。
自分ではコンプレックスに感じている部分も、個性と捉えて隠す事より活かす事を考えて自分の表情をちゃんと研究することが大切です。
一例を挙げればアイドルであればアイドルらしいメイク、モデルであればファッションショーに出演するモデルのような流行の濃いメイクといったイメージがるかもしれません。個性的でアートのようなメイクを楽しむ人もいれば、メイクは苦手でノーメイクでいるのが好きな人もいますよね。しかし、履歴書用の写真は実際のイメージと違い過ぎると、やはり書類査定に通過しても審査員からの心象は悪くなるでしょう。

1ポイントアドバイス
多様な年齢層や、性別の違う人などできるだけたくさんの人からコメントを聞くと諸々な視点での話を聞くことができます。

実際にノーメイクでオーディションを受ける人はたくさんいます。年齢的にもアダルトの女性であれば、身だしなみ程度のメイクは必要だと考える審査員もいます。表情や話している時の雰囲気を見たくても、個性的すぎる濃いメイクをしていると気になってその人の良さが伝わりにくくなります。審査員がよく見ているのは、顔立ちや表情や歯並び、話し方やその人が持つ空気などで、メイクをした顔を審査するわけではありません。確かに書類審査に通過しなければオーディション審査に参加する事ができないので、とにかく写りの良い写真を選びたくなるのも理解できます。

履歴書用の写真 は「書類審査にクリアする」ことを目標にしている人が多いのではないでしょうか。メイクやヘアスタイルでコンプレックスを隠そうとせずに、ファンデーションやチークなどをベースとしたナチュラルメイクを意識して、アイラインやマスカラも自然に見えることを意識しておきましょう。オーディションを受ける前に、親族や友達にメイクの印象を聞いてみるのもイチ押しです。つまり、オーディションで自分を良く見せるためのメイクとは、自ら自身の表情をありのままに良く見せることが可能な「邪魔にならないメイク」です。審査員が見たいのは、その人の持つ通常の美しさです。けれども、オーディションでは査定員と直接合う事になるので、加工した写真だということはもうに分かってしまいます。しかも、顔を立体的に見せるようなハイライトやシェーディングなどは輪郭などの気になる部分を隠すことができますが、やり過ぎるのはオーディションには適していません。ただし、普段は習慣的にメイクをしている人であれば、わざわざノーメイクで査定を受ける不可欠はないのです。メイクが濃すぎる、ヘアスタイルで輪郭を隠している、ライトが強すぎる写真もNGですが、最近多々ある略歴用のNG写真は加工した写真です。オーディションに適したメイクとは?オーディションに適したメイクと言っても、各々のフィールドのオーディションで求められるキャラクターは違いますし、査定員の見方や自分の嗜好も異なる点ます。しかし、オーディションの時にするメイクは、いつもとは違い合格するという目的があります。ひと言でモデルといっても、活躍する雑誌やショーなどによってトレンドやメイクは色々ですし、役者であれば演じる役によってメイクや髪型を変える必須があります。略歴写真ではコンプレックスを隠して美しいに写る事ばかり意識せず、ありのままの自身をすごいに見せる角度や表情を意識しましょう。つまり、書類査定では止まった状況の顔しか見る事ができないのに反対に、オーディションでは実際に動いた時の顔をたくさんな角度から見られることになります。素顔に自信があり、ノーメイクで肌の美しさや顔のパーツの良さをアピールするならノーメイクもありですが、メイクをした方が自信を持てるのであれば、理不尽にノーメイクで挑むよりもナチュラルメイクで自身をアピールする方が良いでしょう。笑った顔や真剣に話を聞く顔、困っっている時の顔など査定員は色々な表情に注意しています。

そのため、等身大メイクがベースとなりますが、ナチュラルと言っても適当に薄くメイクすればいいわけではありません。
ただし、オーディションでは飾らないありのままな状態を査定をしたいと思われる事がおおかたです。
しかし、多くのオーディションに共通するのは、査定員はメイクなどで作り上げた姿よりも、その人が持つ「素」の魅力を見て審査したいと思っているということです。
つまり、オーディションの時に査定員はメイクをしていない状態の顔やコーデ、雰囲気などを見て、どのようなメイクやファッションが似合うか、印象に合うのかを審査したいと考えています。
自分の素顔に近い様子で、肌や眉毛、瞳をより綺麗に整えるような感覚でメイクをします。

女にとってコンプレックスを隠すのが自らを良く見せるメイクと言う認識が強いかもしれませんが、オーディションの時には見解を変更してみましょう。
オーディションに限らずいつもからメイクで用心しておかなければいけないことは、自分が好きなメイクと他人から見て魅力的に感じるメイクが全く違う時がよくあるということです。
ノーメイクでオーディションを受けるのはOK?ありのままの「素」の姿で査定を受けるということは、等身大メイクではなくノーメイクでも問題ないのかも不安になりますよね。
自分を良く見せるメイクとは?プロフィール写真はオーディション審査と違って静止画で審査されることになります。
オーディションでNGのメイクとは?審査員が注意するキーポイントである肌質や肌色のトーン、目力、輪郭などは可能なだけ自然にメイクをしましょう。