zh-tw-【初心者必見!】タレントのなり方全5選|映画オーディション

2020-03-18

目立つ事が好き」や「人気者になりたい」などメディアに映るタレントのように、自身の個性を活用してメディアに出てみたいと思っている人はいるはず。

実際にタレントになるためになにをすればいいのでしょうか?

一歩踏み出してみようと思っても何をすればいいのか合点がいかない方のために、今日から可能なタレントになるための心得をまとめました。

タレントになるための方法
では、実際にタレントになるためにどんな方法があるのでしょうか?

タレントになる方法

①芸能事務所を受ける
②養成所、スクールに入る
③素人参加型の企画番組に応募する
④インターネット上で有名になる
⑤他の職業からタレントを目指す

将来タレントを目指す方に向けて普段聞けない点も踏まえてご紹介します。

芸能活動をやっていく上でまず必要となるのが芸能事務所に所属することです。
中にはフリーで活動している方もいますが、ある程度の実績がない限りフリーで活動していくことはとても厳しいです。

①芸能事務所のオーディションを受ける

POINT

知名度を広めるためには事務所からのバックアップが必須といえます。
芸能事務所に所属するためには、オーディションを受けて合格する必要があります。

多くの芸能事務所は定期的にオーディションを開催しているので、自分の力を試すという趣旨でも一度オーディションを受けてみることをオススメします。


②養成所、スクールに入学する

芸能事務所のオーディションを受けて合格した際、その事務所の養成所及びスクールに入る事が通例です。

POINT

養成所・スクールでは芸能に関連する知識と技術を学びながら、案件のオーディションを受けていきます。

自身の演技力を磨き、経験を積むためにも養成所・スクールに通う事を推奨します。養成所や芸能界との繋がりが出来たり、同じ夢を追う同志と出会えたり他の場では得ることの出来ないものがたくさんあります。


③素人参加型の企画番組に応募する
 

確実に企画に参加できるサポートは全部ないので、①②でご解説した方法と比較するとオススメ度は下がります。
素人参加型の企画は毎回数多くの応募者がいるため、出演可能なチャンスはほとんど無いに等しいです


④インターネット上で有名になる

「LIVE配信」上でリスナーから投げ銭で収入を得て活動している「LIVER(ライバー)」 「YouTube」に動画を投稿し再生数に応じて広告収入を得て活動している「YouTuber(ユーチューバー)」と呼ばれる方がいます。

POINT

活動の幅がかなり広いことや、自分の好きなことのみ発信できるなど、汎用性の高さが挙げられます。
※芸能事務所や養成所、スクールではSNSのフォロワー数を見る場合もあります。

オーディション前にはSNSのアカウントを開設しておきましょう。
YouTube・ライブ配信に興味のある方はこちら

⑤他の職業からタレントを目指す

仕事と養成所・スクールを両立している。芸能界を目指す方も数多くいます。

POINT

今の仕事を手放すのではなく、金銭面や社会への復帰のし易さを考えると働きながら芸能界を目指す方が堅実であるといえます。

芸能活動ある成功し始めると、スケジュールの管理が厳しくなってくる場合があります。

例を挙げると急に案件が入ってしまい仕事を休まざるを得なくなってしまうなどです。

芸能界を目指していくには相応のリスクが伴うため、自身がどのような経路で夢を叶えるのかを見定めること不可欠です。

これまで5つの方法をご説明しましたが、

オススメは「芸能事務所を受ける」「養成所・スクールに入る」の2つです。

自身が目指すタレント像をはっきりさせると共に、そのタレント像に合った事務所をまずは探してみると良いでしょう。