zh-tw-【志尊淳】数年オーディションに落ち諦めようとした事も...人気俳優になったきっかけとは?

2020-07-10

若手実力派俳優として人気の志尊淳さん。最近人気がさらに高まっていますね!
中でもお家にいる時間が多くなり、そんな皆に楽しんでもらいたいと「お家時間」を使って行っているインスタライブなどが話題になっています。

なんとインスタフォロワー数は102万人に!?人気俳優として有名な志尊淳さんですが、今また更に大きく注目を集めています。

今回はこの中で行っている志尊さんのインスタライブ「志尊の自粛部屋」って何?について、芸能界入りのきっかけ、家出をしていた過去、実はオーディションで上手くいかないことを経験していた事など志尊さんについて詳しく見ていきたいと思います。

目次

今人気の「志尊の自粛部屋」って何?

未だ自粛モードの抜けない中、話題となっている「志尊の自粛部屋」。(2020年6月1日現在)
聞いたことのある人、ネットニュースなどで見た人、実際に見ている人などたくさんいることかと思います。
緊急事態宣言の解除が5/6までで終わるという希望をもって4/23~4/30までの一週間と発表してインスタライブを行っていた志尊淳さん。しかし緊急事態宣言が延びたことにより何か皆で楽しくできることはないかと考えていたそうです。そしてインスタライブを5/5に5日ぶりに配信し、「今後も定期的に行っていきます」と話していました。

「志尊の自粛部屋」では、完全にお家モードで行っているのが人気で、恒例の検温タイムから始まり、コークハイで「KP~(乾杯)」、テーマソングを歌いながら始まります。一緒に宅飲みをしているかのようなゆったりと自由な配信になっています。

そんな配信は、コメントを読みそれに返してくれたり、料理をしたり、何名かの芸能人とコラボして配信したり、モノマネをしたり歌ったり、「テレビで見せたことないよ」と顔を赤くしてしまうほど完全にお家モードで行われています。自室の寝室で添い寝姿で配信してファンを悶絶させる配信をしていると思えば、天然っぷりを発揮している事が多々あり、普段と違った魅力が見れる場となりました。このインスタライブを見てファンになった!という人も多くいるかと思います。

インスタライブの効果は大きく、当初2万人前後であった視聴者ですが、最大12万を超えるほどの人気に。フォロワー数も70万人弱から102万人まで増えるほどの反響がありました。定期的に行われている度に増えているので、これからも更に伸びていく事でしょう。

加えて今回実の叔父である宮崎歩と曲を作ってファンに届けるという企画で、「きぼうのあしおと」という曲を発表しており、現在iTunesなどで配信も開始されています。

志尊さんのインスタライブを見た事がない!そんなのやってるなんて知らなかった!という方はぜひ一度見てみるのも、楽しくお家時間を過ごせることの1つに繋がるかと思いますのでオススメです。

次は志尊さんのデビューのきっかけについてまとめていきます。

芸能界入りのきっかけは?家出をしていた事も!?

志尊さんはデビュー作も、過去には斎藤工や城田優が出演していたミュージカルである「テニスの王子様」であったりとキャリアを語るといくつもの華やかな言葉が並びます。

2014年には、今や人気若手俳優の登竜門となっているスーパー戦隊シリーズ第38作「烈車戦隊トッキュウジャー」で主演をつとめ、翌年7月には生徒役をオーディションで選抜した連続ドラマ「表参道高校合唱部!」(TBS系)に出演しています。
更に人気アニメを実写化し、注目を集めたスペシャルドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」でも、人気キャラクターのゆきあつ役を好演しました。そして、10月17日より公開の人気少女漫画原作の実写映画「先輩と彼女」にも主演し、胸キュンシーンに挑み多くの女性を虜にするほど、どんどん出演作が増え今もすごく活躍されている大人気の俳優さんです。

スーパー戦隊シリーズなどに出演する俳優さんがのちに大人気俳優になる事は非常に多く、志尊さんもその1人であると言えます。ドラマや映画でもたくさんの作品で活躍されていますね。

そして芸能界入りする前にはなんと2ヶ月で18キロも痩せたりしたそうです。

それについては、中3の夏の大会で負けて野球部を引退することになり、中高一貫校だったので受験はなくて何もすることない中で、おそらく部活引退による筋力低下により2キロ痩せた所、「痩せよう!」と思い、走って食べないという生活をしていたら2ヶ月で18キロ痩せたということです。
普通であると中々ない事であると思いますが、志尊さんは「痩せることが楽しくなって、今考えるとかなり不健康ですが、ゼロカロリー飲料を飲んで、ところてんを食べて、走るといったストイックなことをしていました。さすがに親も心配しだして『いい加減にしなさい』と注意されるほどで、ついには倒れて、入院してしまいました(苦笑)。」と語るほどで、真似できないストイックさが伝わってきます。

そんな志尊さんが芸能界に入ったきっかけは一体なんだったのでしょうか?
芸能界入りのきっかけはスカウトを受けたことによるものだそうです。スカウトは何度も受けていましたが、そのときは自分には遠く感じていたため芸能界入りは考えていなかったそうです。しかし「街で声をかけてもらううちに近くに感じたというか『スカウトしてくれる人達がいるのなら、もしかしたら可能性があるのかな』と思ったんです。」とその時のことをのちに志尊さんはこう話しています。

では、スカウトされた当時はどのような思いで芸能界入りしたのか気になりますよね。
これには「さっぱりとしていて『じゃあやってみようかな』という感じでしたね。ダメだったらダメでいいと思っていましたし、部活の代わりの習い事といった感覚でした。そんな中でデビュー作となるミュージカル『テニスの王子様』への出演が決まり、そこからはみっちり取り組みました。」と語っています。

志尊さんのご両親は「好きなことをやれば?でもやるからにはしっかりやりなさいよ」という感じで、更に「やめたくなったらやめればいいんじゃない?」とも言っていたそうです。志尊さんは自分がこうなるとはご両親も思っていなかったと思うと話していますが、1番応援してくれているのはご両親だと言っている事から活動する上でご両親の存在はとても大きなものだったのではないかなと思います。


家出をしていた過去について

志尊さんはテレビで実の兄から寄せられたという「高校時代家族に黙って家出をし、1年間連絡が取れませんでした。しかも住民票まで移していました。家族はみんなショックで心配の日々でした」という内容について、高校時代1年間家出をしていた過去を話しています。

それについて出演者から「役所行ったの?自分で」と聞かれた志尊さんは「自分で全部やりましたね」と答えています。そして家出した理由について聞かれると「僕、本名なんですけど」と名前が芸名ではなく本名だと話し、「志尊って名字だけで芸能界に入ってから家族に迷惑をかけちゃって、家族もそこに対してやっぱストレスを感じてたんですよ」と発言しました。

それにより家族と喧嘩する機会が増えたとして、「自立するっていうことを意識しなきゃダメだなっていう気持ちを持って、アルバイトしながら芸能活動してたので、その資金でギリギリで1人暮らしをして」と当時のことを語っています。
更に「やっぱりそこまでして出たらそう簡単に易々と帰ってこれないなっていう、自分に負荷をかける部分でもあったので、1年ぐらい帰らなかったですね」と話している事から、ストイックさと不器用な家族思いの一面が見られるエピソードとなっています。
次は、オーディションで上手くいかなかった事も経験され、今活躍されている志尊さんについてお話ししていきます。

実はオーディションが上手くいかなかった?上手くいくようになったきっかけとは

オーディションが上手くいかないというのは、人気俳優・女優の方でも悩む事があるほどよくある事です。特に出演経験がないというのは、演技についての判断材料がないため中々受からない事も多くあります。
そのため志尊さんも初めは上手くいかない事もあったんだそうです。

番組の中でオーディションに落ちた回数についての話題が出た際に、志尊さんは何度も落ちたことがあることを話しています。

志尊さんはオーディションでの出来事について「怖い監督で有名な方なんですけど『君さ、志尊って本名?』って言われて、『あっ本名です』って言ったら『芸名だったらクソ生意気だよな』とかって言われたり」「急にですよ!オーディションで!」と回想していました。

その当時16歳だったため、そう言われたことに怒りよりも恐怖を感じたと語ると「芸能界こわっ!と思って、俳優やめたい、と思って。その時点で」と振り返っています。オーディションは難しいもので、数十回と落ちている有名人もいます。オーディションに何十回も落ちてしまうことにより諦めてしまう人も多くいますが、諦めず受けることは大切である事がわかります。

志尊さんの転機となったオーディションはというと、「やっぱり『列車戦隊トッキュウジャー』です。『トッキュウジャー』以前とそれ以降とでは、環境がガラリと変わりました。この作品以降、オファーというものをいただけるようになりましたし、それ以降に受けたオーディションではほぼ役をいただけるようになった。」と話していて、「列車戦隊トッキュウジャー」の主役を務めたことは大きな一歩だったんだそうです。この作品で知ってファンになった!という方も多くいらっしゃるかと思います。

しかし、それと同時に「でも、このお仕事を始めるきっかけとなったミュージカル『テニスの王子様』(テニミュ)のオーディションに受かって役をいただいてから、次に『トッキュウジャー』が決まるまでの数年は、オーディションに落ちてばかりだったんです」と話していて、デビューからずっと上手くいっていたわけではない事も話しています。

初めは「何度もオーディションを受けに行っていたけど、まったく受からない。最終審査までは行くけど、結局受からないという日々が続いて、“どうすればいいんだろう!?”と、ずっと悩んでいました。結局はオーディションで自分の良さを出しきれなかった自分自身の問題なので、まわりにも相談はできませんでした。」と、上手くいかず悩む時期も経験されているそうです。しかしその後「トッキュウジャー」の主役を見事勝ち取られている所から、オーディションで上手くいかない間にも努力をされていた事がわかります。

まとめ

志尊さんはものすごいストイックな性格で、オーディションに落ちてしまうことはあってもその期間もたくさんの努力をされている方だという事がよくわかりました。オーディションに受かることは簡単な事ではないけれど、頑張り続けるという事も決して簡単な事ではありません。しかし、オーディションに受かるためには頑張り続けなければそこで終わってしまいます。
大きな努力があり、人気俳優となった志尊さんなので、今後更にファンの方も増えていくことかと思います。

もう既に志尊さんのファンであるという方、これを読んで志尊さんが気になってしまった!という方、「志尊の自粛部屋」を見てみたい!という方も多くいるかと思います。気になるという方はインスタをフォローしてインスタライブを見て、楽しいお家時間を過ごしましょう。

この記事を読んだ方に【おすすめ】記事