zh-tw-サルでもわかるLINELIVE【ライブ配信】

2020-04-05

目次

  • LINELIVEの配信機能の紹介!
  • LINELIVEには配信画面加工機能がある!
  • トークグループ内でライブ配信できる!
  • LINE LIVE(ラインライブ)で注意すべき点

LINELIVEの配信機能の紹介!

皆さんが普段から使用されているLINEのアプリですが、そのアカウントを使用してライブ配信が出来ます。

アプリ内のチャットライブ配信とは別にあります。

lineグループ内でライブ配信を共有したり、人気者を目指してみたり色々出来ます。

こんな風にLINEコインを使用して応援する機能もあり、好きな配信者の方がいたら是非プレゼントしてあげてください。

配信でお金が入ってくるというのは例え僅かな額であったとしても自分の配信の価値が認められたような気分がして、喜ばない人はほとんどいないほどに嬉しいものです。

ある有名配信者は少額の応援課金を笑った人を説教したり、なんて話もあります。

実際に動画配信で感謝の意を込めて頂いた応援分のお金で料理を作って見せたりと、配信内には意外にも感謝という感情が溢れていて、見ていて楽しいですよ。

それでも配信と言えば、常に失言のリスクは付き物です。

そういったマイナス面も含めて紹介していこうと思います。

LINELIVEには配信画面加工機能がある!

画像のように顔を認識して、エフェクトやフィルダーを追加する画面加工もできるので、素顔を完全に晒したくない、とか少しでも視聴者の方に可愛く、もしくはカッコよく見てほしいという方でもおすすめできます。

この画面加工は顔を認識して、エフェクトを合わせているので顔を動かせば付いてきてくれます。

なので、動いてはいけないとかの面倒な制約もありません。

自分を見てもらいたいけど自分の顔や、ライブ配信中の表情に自信がないという人はこれを上手く活用すれば上手くやっていけるのではないでしょうか。

美肌加工など、フィルダー機能も様々で個人の要望に合うだけのフィルターがありますので一度試してみるのもいいかもしれません。

純粋に画面加工で遊ぶ人も少なくないので、それを悪く言う人も基本的にはいませんし、大多数の視聴者は配信者を楽しみに見に来てくれています。

自分が最も楽しく出来る配信が視聴者にとって最も求められている配信です。

ネタとしての卑屈な配信や暴言まみれの配信は少なくともLINE LIVE(ラインライブ)ではあまり受けません。

どんな配信にも言えますが自分が好きな物を上手くアピールすることが大事ですね。

次に紹介するのは正しくはLINEの機能ですが、LINE LIVE(ラインライブ)の前にこちらで感覚を掴んでみるのもありだと思います。

トークグループ内でライブ配信できる!

これは厳密にはLINEの機能に当たりますが、いつもの通話グループで自分の配信を見ながらみんなでチャットしてもらう形ですね。

知らない人にまでライブ配信を見られたくない人におすすめです。

ライブ画面は右上に表示されるようです。

感覚としては何かない限りは知らない人が来ないので距離感の近いライブ配信ですね。

それぞれの家で飲み会感覚を味わいたい時など、意外と日常生活にも使われることは多いですね。

子供の様子を気軽に見せてあげたりも出来ますし、使い方は考えれば考えるほど生まれそうです。

しかし、便利ですが不便な面もあります。

次に不便な点や注意すべき点を紹介します。

LINE LIVE(ラインライブ)で注意すべき点

まず一つ目ですが、LINE LIVE(ラインライブ)では配信を開始するとlineの方で通知があります。

家族や配信を知られたくない友人を友達追加していて、家族や友達に知られたくない場合は専用アカウントを作ることをお勧めします。

普段は見せられない自分を見せやすい、というのも配信のメリットですし、専用アカウントを作ることは安全面でも多少のメリットがあり、お勧めします。

次に、ライブ配信が出来ない、という方がそれなりにいます。

その理由ですが、カメラ許可など別の理由もあるかもしれませんが、素早く解決できない人は大体lineのバージョンが原因です。

バージョンは最新の物にしておきましょう。

アンチや荒らしと呼ばれる配信に邪魔な人たちが現れる。

これは配信には付き物なのですが、発言や行動に気を付けるだけである程度は自衛できます。

炎上を楽しみにしている人達がほとんどライブ配信アプリにはいて、そういった方たちは様々な配信へと足を運んではその瞬間を待っています。

大事にさせるような隙を晒さない程度の警戒心は常に持っておきましょう。

最後に、画面が映っているかどうかの確認はしっかり行いましょう。

インカメラを使うのか外向きの普段のカメラを使うのか。

何かに固定し、外向きカメラを使用するなら画面内の切り替えボタンを押しましょう。

手で持つ場合は自分で画面を確認できると思いますが、他にもマイクの確認など音の大きななど、視聴者が快く視聴出来る気配りは大切です。

テレビに出るような有名人の方が多くライブ配信をされているので、もしもLINE LIVE(ラインライブ)で人気配信者になることが出来れば、テレビで見ている方とも関わりを持つことが出来るかもしれませんね。

少しでも配信を始めたい方の参考になったなら幸いです。目次

  • LINELIVEの配信機能の紹介!
  • LINELIVEには配信画面加工機能がある!
  • トークグループ内でライブ配信できる!
  • LINE LIVE(ラインライブ)で注意すべき点

LINELIVEの配信機能の紹介!

皆さんが普段から使用されているLINEのアプリですが、そのアカウントを使用してライブ配信が出来ます。

アプリ内のチャットライブ配信とは別にあります。

lineグループ内でライブ配信を共有したり、人気者を目指してみたり色々出来ます。

こんな風にLINEコインを使用して応援する機能もあり、好きな配信者の方がいたら是非プレゼントしてあげてください。

配信でお金が入ってくるというのは例え僅かな額であったとしても自分の配信の価値が認められたような気分がして、喜ばない人はほとんどいないほどに嬉しいものです。

ある有名配信者は少額の応援課金を笑った人を説教したり、なんて話もあります。

実際に動画配信で感謝の意を込めて頂いた応援分のお金で料理を作って見せたりと、配信内には意外にも感謝という感情が溢れていて、見ていて楽しいですよ。

それでも配信と言えば、常に失言のリスクは付き物です。

そういったマイナス面も含めて紹介していこうと思います。

LINELIVEには配信画面加工機能がある!

画像のように顔を認識して、エフェクトやフィルダーを追加する画面加工もできるので、素顔を完全に晒したくない、とか少しでも視聴者の方に可愛く、もしくはカッコよく見てほしいという方でもおすすめできます。

この画面加工は顔を認識して、エフェクトを合わせているので顔を動かせば付いてきてくれます。

なので、動いてはいけないとかの面倒な制約もありません。

自分を見てもらいたいけど自分の顔や、ライブ配信中の表情に自信がないという人はこれを上手く活用すれば上手くやっていけるのではないでしょうか。

美肌加工など、フィルダー機能も様々で個人の要望に合うだけのフィルターがありますので一度試してみるのもいいかもしれません。

純粋に画面加工で遊ぶ人も少なくないので、それを悪く言う人も基本的にはいませんし、大多数の視聴者は配信者を楽しみに見に来てくれています。

自分が最も楽しく出来る配信が視聴者にとって最も求められている配信です。

ネタとしての卑屈な配信や暴言まみれの配信は少なくともLINE LIVE(ラインライブ)ではあまり受けません。

どんな配信にも言えますが自分が好きな物を上手くアピールすることが大事ですね。

次に紹介するのは正しくはLINEの機能ですが、LINE LIVE(ラインライブ)の前にこちらで感覚を掴んでみるのもありだと思います。

トークグループ内でライブ配信できる!

これは厳密にはLINEの機能に当たりますが、いつもの通話グループで自分の配信を見ながらみんなでチャットしてもらう形ですね。

知らない人にまでライブ配信を見られたくない人におすすめです。

ライブ画面は右上に表示されるようです。

感覚としては何かない限りは知らない人が来ないので距離感の近いライブ配信ですね。

それぞれの家で飲み会感覚を味わいたい時など、意外と日常生活にも使われることは多いですね。

子供の様子を気軽に見せてあげたりも出来ますし、使い方は考えれば考えるほど生まれそうです。

しかし、便利ですが不便な面もあります。

次に不便な点や注意すべき点を紹介します。

LINE LIVE(ラインライブ)で注意すべき点

まず一つ目ですが、LINE LIVE(ラインライブ)では配信を開始するとlineの方で通知があります。

家族や配信を知られたくない友人を友達追加していて、家族や友達に知られたくない場合は専用アカウントを作ることをお勧めします。

普段は見せられない自分を見せやすい、というのも配信のメリットですし、専用アカウントを作ることは安全面でも多少のメリットがあり、お勧めします。

次に、ライブ配信が出来ない、という方がそれなりにいます。

その理由ですが、カメラ許可など別の理由もあるかもしれませんが、素早く解決できない人は大体lineのバージョンが原因です。

バージョンは最新の物にしておきましょう。

アンチや荒らしと呼ばれる配信に邪魔な人たちが現れる。

これは配信には付き物なのですが、発言や行動に気を付けるだけである程度は自衛できます。

炎上を楽しみにしている人達がほとんどライブ配信アプリにはいて、そういった方たちは様々な配信へと足を運んではその瞬間を待っています。

大事にさせるような隙を晒さない程度の警戒心は常に持っておきましょう。

最後に、画面が映っているかどうかの確認はしっかり行いましょう。

インカメラを使うのか外向きの普段のカメラを使うのか。

何かに固定し、外向きカメラを使用するなら画面内の切り替えボタンを押しましょう。

手で持つ場合は自分で画面を確認できると思いますが、他にもマイクの確認など音の大きななど、視聴者が快く視聴出来る気配りは大切です。

テレビに出るような有名人の方が多くライブ配信をされているので、もしもLINE LIVE(ラインライブ)で人気配信者になることが出来れば、テレビで見ている方とも関わりを持つことが出来るかもしれませんね。

少しでも配信を始めたい方の参考になったなら幸いです。