zh-tw-映画オーディションに落ちる理由と考えられる原因【合格へのヒント】

2020-03-26

オーディションを受けるときに多様な対策を立てているのに、中々受からない事例もあります。

特に、いくつかのオーディションに応募しても受からなかった時には、気持ちも落ち込んでしまうでしょう。

ただし、そこで諦める必要はないのです。

初めに、応募書類の記入テクニックや面接対策など、きっかけについて考慮していくことが肝心です。

ここでは、オーディションに受からない場合に考えられる原因と、受かるために必要な事を紹介していきます。

映画オーディションに受からない原因1

そもそも受かる確率が相当低いオーディションに受からないきっかけの1つに、受かる確率自体がそもそも大変低い事が挙げられます。

芸能業界は人気が高く、志望者も非常に多く存在します。

それ故、映画オーディションの競争率自体もかなり高いものです。

どれだけ能力が高くても、競争相手も多いために選ばれないというケースも多く見られます。

直近では女優や俳優として多様な場面で活躍している人の中にも、
過去、映画オーディションに何度も応募して落ちた経験を持つ人が多くいるのです。

映画オーディションに受からない原因2

応募書類でアピールがうまくできていない事も、オーディションに受からないきっかけになる可能性があります。

オーディションを受けるときに、相手が真っ先に目を通すのが応募書類です。

応募書類は第一関門であり、そこでふるい落とされる可能性もあるものです。

応募書類で「会ってみたい」と思ってもらえる内容がないと、その先にいく事もできなくなります。

それでは、応募書類でアピールできていないものとして、どんな事が考えられるのでしょうか。

最初に、略歴の写真がボケていたり表情が良くなかったりすると、本人のチャームポイントは相手に伝わりません。

お金と時間もかけるところはかけて、納得のいく写真を使用する事が重要です。

第二に、履歴書の文字が汚いと、読む気自体が失せてしまいます。

読み終えても、中身よりも文字が気になってしまうと印象も悪くなりがちです。

そして、文字の量が多すぎたり少なすぎたりする事もアピールできない原因になります。

量が多いと読むのが大変になり、少なすぎるとやる気やオリジナリティーについてアピールができなくなります。

しかし、やる気をアピールすることに力を入れすぎると、今度はキャラクターや具体性の印象がなくなってしまうので用心が必要です。

そして、募集要項で指定された中身を書いていない事例も、印象は悪くなります。

映画オーディションに受からない原因3

面接であまり印象に残らずオーディションに受からないのは、面接を受けても記憶にあまり残っていない事がきっかけである確率が高いです。

歌やモノマネは、優れている人も多くいます。

それ故、オーディションの場で歌やモノマネをする人も多数いるのです。

どれだけ自らが歌やモノマネが優れているとしても、皆がやっているものでは印象に残らなくなってしまいます。

面接で相手の記憶に残る事をするためには、インパクトの残る事か、誰もやっていない事をやるのが成果的です。

自らの特技をやるよりも、誰よりも目に付くような事をやる方が面接の場では有効でしょう。

オーディションに受からない人のもち味

オーディションに受からない人には、共通したもち味があります。

まずは、オーディションに遅刻する人です。

遅刻した事で印象に残って合格する事例もありますが、普通には遅刻するとオーディションに落ちる可能性はとても高くなります。

今後業務を任せるうえで、遅刻した事によってエキスパートの自覚が問われ、信用できないと決断されることが多々あるのです。

オーディションという大事な場面で遅刻するようでは、普段の業務でも遅刻癖があるのではないかと疑われるのはもちろんといえるでしょう。

オーディションの場で声が小さい人も、受からない確率は高くなります。

声が小さいと自信がなさそうに見え、答える内容以前の問題として、与える印象が悪くなってしまうのです。

他にも、相手に失礼な態度を取ってしまう人も見かけます。

自身の意志でオーディションを受けていない事例などに見られるのですが、そのオーディションの当落だけでなく、今後のオーディションにも影響を与えてしまう可能性もあるのです。

業界の中でブラックリストに加えられてしまうと、オーディション自体を二度と受けられなくなってしまう事もあります。

加えて、オーディションの場にふさわしくない服装をしていては、基本受かる事はできません。

その場をわきまえて、服装や格好には気を配るようにしましょう。

映画オーディションに受かる人はどんな人?

オーディションに受かる人は、どんなもち味を持っているのでしょうか。

最初に、元気のいい人です。

自然のことのようでも、オーディションの場では相当できない事です。

これから業務をしていく人を選り抜くうえで、元気の良さは大切な要素といえます。

ハキハキとした受け答えや大きな声での挨拶を行うことで、概要の場を明るくさせてくれるのではないかという好印象を持ってもらえるでしょう。

続いて、真面目で前向きな人です。

共に仕事をするうえで、真面目に取り組む事ができ、少々のミスやつまずきがあっても前向きでいられる事が求められるからです。

挑戦をしたいという心情を持っている事も、オーディションに受かる人の特徴といえます。

どんなことでもトライしようというやる気が伝われば、印象も良くなります。

挑戦する心がある人は、今度の業務だけでなく多様な分野に可能性を広げる事ができるので、仕事相手としても好印象を与えることになるのです。

他にも、多くのファンを事前に持っていることも、オーディションに受かる人のポイントです。

ファンがたくさんいる人を業務仲間として採用する事により、ファンがその業務をプッシュしてくれるので、成功する見込みもより高くなります。

最初からファンがいる状況を作り上げる事は困難なので、最初にSNSでの情報発信などを地道に行っていく事が大事でしょう。

その地道な活動の積み重ねによって、応援してくれる人が増えていくのです。

映画オーディションに合格するために.1

オーディションに合格するために、初めに応募書類の検証を行いましょう。

応募書類の略歴写真は、選考の大切な要素です。

自らの強みやチャームポイントが最大限に伝わる写真になるよう、力を入れる必須があります。

そして、応募書類に記述する志望動機は具体的に、かつ簡潔に整理しながら、過去の実績についても触れるようにすると良いでしょう。

さらに、自己PRを行う事例のために、バリエーションは何個か用意をしておくと、いざという時に慌てずに済みます。

その上、ファンが多数いるとオーディションで有利に働くこともあるので、SNSのフォロワーを増やしてファンを入手しておく事も大切です。

映画オーディションに合格するために.2

本番オーディションに受かるために、本番ではハキハキと応対するように心がけましょう。

明るく大きな声で受け答えや挨拶を行えば、相手にも好印象を与えられます。

オーディションでは、審査員以外の人も参考にしている時があります。

今後共に業務をしていく仲間をピックアップする場は、周囲も見過ごせないものです。

愛想良く、誠実に応対する事によって、周囲の人にも好印象を与えておきましょう。

さらに、親が同伴の場合であれば、親も審査の対象になっているので意識する必要があります。

他にも、上昇志向を持って、どれほどの場面でもポジティブ精神を忘れずに受け答えする事も大事な要素です。

あきらめずに何度でも挑戦しよう!オーディションの競争率は高く、受からない事例も多く見られます。

けれども、受からないからといって諦めてしまってはいけません。

オーディションに受かるためには何が必要なのかを考えて、充分に準備を行い、何回でもチャレンジする前向きな気持ちが必要なのです。

その前向きな姿勢は、オーディションの審査員にも好印象として伝わる事が可能になるでしょう。