学業と芸能の両立について【悩み】

2020年03月30日

モデルと学校の両立をちょっとでもうまく乗り越えるためのポイントをご解説します。
お子様が意識の芸能業界に足を踏み入れると、まわりからよく言われるのが「芸能やって学校と両立できるの?」という言葉です。
それはお子さんも親御さんも同じ想いでしょう。
「全然平気!」と言いたいところですが、正直少しばかり気がかりな面もあります。
目次

子供は学業が本業

子供にとっての本業は学問であり、学校で勉強をすることが使命です。1日でも学校を休むだけ授業についていけないというのもあります…それだけ重要で、「ストップ」が効かないのが学校です。

さらに「部活」や「アルバイト」をしていたら、かなり忙しいです。学校→部活→バイト→就寝 という日々を過ごしていく訳です。冷静に考えると子供ってすごいと思わせてくれます。1日1日を全力で駆け抜けているんですね。

そこに芸能がプラスされるわけですから、さらに忙しくなるでしょう。でも、自ら決めた道、勝ち得た道ですから、簡単に諦めたくもないでしょう。

「大変、大変」と言っていても何も生まれませんし、何も変わらないですからね。

芸能と学業の両立は必須

芸能をすると決意したのであれば、学業も勉学もおろそかにしては中途半端な人間になってしまいます。 学校もモデル業もどっちもきちんとする事がいわゆる「両立」というものです。

全てに全力で取り組む人はそれだけで魅力的ですし、人の目を引く表情や姿勢も、その経験から生まれてくることがあります。タレントって、単に顔が小さいとか手足が長いとか、それだけで売れっ子になれるわけではありません。

芸能のお仕事で帰宅が遅くなり、疲労困憊でも次の日は学校、という日もあるでしょう。疲れてるし、眠たいし、行きたくない心境も分かります。芸能の道を決めた自分自身で奮い立たせて頑張って欲しいです。

しかしまだ子供。眠ければ寝るというのが自然だと考えます。 そこで両親の出番です!そんな子供をどのように調子に乗せてあげるか、腕の見せ所です。

スケジュールをきちんと組む

ゴールテープのないマラリアを走るのは、疲れて、常に不安になります。 子供にそのような不安感を与えぬよう、両親が一日の始まりと終わりを理解し、子供と共有することをおすすめします。 共有することで、1人じゃないという気持ちが生まれ、普段を見られる事でも子供の意識は変わってきます。

両親が「次はこれ!」「今何時なのでこれをして!」と都度指示出ししてしまうと、子供は指示待ち人間になってしまい、自らから動こうとしなくなってしまいます。それは芸能のお仕事でも同じことです。「言われないから動かない、動けない」ではお仕事はできません。先を読むことも大事なのです。

子供が小さい時は難しいことと思います。その際は、子供に直接的に伝えるのではなく、注意を促しつつ次の行動へ誘導してあげてください。起床時と就寝時間は可能な限り同じ時にしたり、芸能のお仕事がある日は、それに準じたスケジュールを立ててあげましょう。

ここで鍵となってくるのが「大枠」の日程です。図等で視覚化するのも一つの手です。必ずこの時間にやらなくてはいけないこと以外は、大枠で構わないです。きっちりしすぎるとかえって辛くなってしまい、その後全ての行動に嫌気が指してしますからです。

しかしながら、早寝早起きは常識的なこと。 子供ながらに毎日を全力で駆け抜けているため、たまにの朝寝坊があってもいいのではないのでしょうか。 そこは子さんの状況を見て、親御さんが優しい言葉をかけてあげましょう。

ポイントは隙間時間!

起床は常に予定ギリギリですか?ギリギリは…お勧めできません。一秒でも長く寝ていたい、一秒でも寝かせてあげたい心境も分かりますが、10分~20分でも、今より早めに起きてみましょう。

早く起き空いた時間を予習・復習に充ててみてはいかがでしょうか?ちなみにイチ押しは「復習」です。人間の脳は3日で80%の事柄を忘れる性質を持っていいます。

夜遅くまで頑張るのはNGです。深夜は一日の疲労が出てきます。その様子で復習をやろう!なんて思っても、睡魔には勝てません。どれだけ頑張りたくても、自身で心境を奮い立たせても、眠さに負けてしまうものです。

空き時間を上手く使用すること。ここでいう空き時は日常暮らしで何気なくしている「ささやかな時間」の事です。ちょっとした時間に勉学をするといった癖をつける。携帯を観「ながら」は絶対NGですけどね(笑)。

楽しいのループを作る!

子供は楽しい事、やりたい事があると、そこへ高い壁も乗り越えられる強さがあります。 でも自分自身ではまだ、その手法を良く知りません。 だからこそ両親が工夫をし好循環ループを作り出す手助けをしてあげる事が重要です。

芸能は楽しい、学校は大変、でも自主学習で授業も理解できる!と上手くサイクル回れば、芸能と学業の両立もそこまで大変さよりも楽しさが上回るでしょう。楽と苦の正反対2つがあるからこそ、頑張れるというものです。

でも、くれぐれも頑張りすぎないように…。