俳優・女優・映画オーディション

女優、俳優、映画オーディションに合格をすると「芸能人になりたい私の夢が、叶うかもしれない」と気持ちが勝手に舞い上がって、冷静な判断ができなくなってしまうことも少なくありません。オーディションに受かってからのことを、受かってから考えるのではなく、オーディションに受かる前から知っておくことが大切です。オーディションを何回も受けていると、まさか自分が合格する日がやってくるなんて・・・と驚く人も多いです。そんな時に冷静な自分でいられる人は、なかなかいません。だからこそ、合格した時の自分をイメージして、何をすべきなのかをはっきりとさせておきましょう。

実際に、どのようにすればドラマに出演することができるのでしょうか。いくつかの方法がありますが、ここでは芸能事務所に所属することをおすすめします。事務所に所属するためには、まずオーディションを受けなければいけません。事務所のオーディション開催告知が出たら、大抵の場合、まずは書類選考があります。そして実技や面接による自己PRなどを通して審査が行われます。その結果、見事合格をすれば、まずは事務所に所属をすることができ、ドラマ女優への第一段階クリアとなります。

俳優、女優、アイドル、声優、映画出演オーディションなど様々なオーディションがあり、目指すジャンルによっても変わります。そこで、今回はオーディションを受けて結果がどうやって決まるのかについてお話していきたいと思います。

目立つ事が好き」や「人気者になりたい」などメディアに映るタレントのように、自身の個性を活用してメディアに出てみたいと思っている人はいるはず。

実際にタレントになるためになにをすればいいのでしょうか?

一歩踏み出してみようと思っても何をすればいいのか合点がいかない方のために、今日から可能なタレントになるための心得をまとめました。

当日は、思いがけない出来事がえてして起こりがちです。初めてオーディションを受ける方なら特に、「想像と違った!」とあたふたする場面が一度はあるはずです。自分を100%出すためには、リラックスした状態が不可欠。予習を済ませ、たとえ想定外の出来事に直面したとしても「このくらい想定内!」と胸を張って本番に挑みましょう。

映画オーディション